昨年の8月に登場しインフォトップの売れ筋ランキングで

堂々の三冠を達成するなど、輝かしい経歴を残した

Flash Zone FX(フラッシュゾーンFX)が先日より大々的な再販売を開始しています。

 

Flash Zone FX(フラッシュゾーンFX)を手掛ける

SMBキャピタル出身のポール・ジモン(Paul Zimon)が

15年間負け無しの手法を展開していることから

全国的に大きな注目を集めているわけですが、

現在までに合計1,700人もの参加者が出ているとのことです。

 

ポールジモン(Paul Zimon)のFlash Zone FX

 

昨年販売された当時はわずか1ヶ月という

非常に短い期間であったにも関わらず、

それだけ多くの参加者が出ているからも分かる通り

前代未聞のFXオファーであったことは間違いありませんね。

 

 

しかも1,700人もの方が参加されたにも関わらず

返金請求を行ったのがたった2名しかいないことも

販売ページ上ではっきりと明言しています。

 

このように、返金対象となった参加者を

しっかりと開示しているという点も好感が持てますが、

何より1,700人中たった2名しか返金請求を行っていないというから

この手法がいかに高い再現性を誇っているのかがわかります。

 

 

こういった事実から、Flash Zone FX(フラッシュゾーンFX)を実践すれば

ほぼ間違いなくFXで利益を獲得することができると

世間に示すことができたのではないでしょうか。

 

それだけ多くの参加希望者が殺到していれば、募集終了後にも

再販売を願う声が多かったことが予想できますし

事実、今回の再販にはそういった理由があるようです。

 

 

販売終了時には二度と再販売されないと言われていた

Flash Zone FX(フラッシュゾーンFX)ですが

期間限定とはいえ異例の事態が起こっているということで、

今回は優先的に取り上げることにしました。

 

 

では早速、再販売されたFlash Zone FX(フラッシュゾーンFX)について

調査を進めていこうと思います。

 

 

ポール・ジモン(Paul Zimon)のフォワード実績が新たに公開

Flash Zone FX(フラッシュゾーンFX)

■公式ページ

Flash Zone FX(フラッシュゾーンFX)

■販売者

株式会社ISK capital、佐塚浩政、ポール・ジモン(Paul Zimon)


 

では、期間限定での再販売が実現した

Flash Zone FX(フラッシュゾーンFX)についてですが、

再販売を機にフォワード実績が最新のものへ更新されており、

直近1年分の実績を閲覧することができるようになっています。

 

ポールジモン(Paul Zimon)のFlash Zone FX

 

巷には数え切れないほどのFX商材が販売されており

そのほとんどではフォワード実績が開示されていないため、

実践してどのくらいの成果が見込めるのか?本当に勝てるのか?など

全く想像が付かないということが日常茶飯事です。

 

そういった非公開の部分が多すぎるFX商材と比較すれば

ポール・ジモン(Paul Zimon)がどれだけ信用性の高い実績を

しっかりと開示してくれているかがよく分かります。

 

 

このフォワード実績から、ポール・ジモン(Paul Zimon)が

1年間で約2億3千万円以上の利益を出していることが分かります。

 

この実績とは別に販売ページに掲載されている動画でも

彼自身の実績データを閲覧することができるため、

ポール・ジモン(Paul Zimon)の手法に対する

信ぴょう性は非常に高いといえるのではないでしょうか。

 

 

ちなみにFlash Zone FX(フラッシュゾーンFX)は

裁量手法を採用していますが、

 

・サイクルクローズ(相場の条件)を見つける

・フィボナッチリトレースメントを使って相場の転換ポイントを見つける

・エントリー時にストップロスとリミットを入れる

 

という非常に簡単な手順を行うだけで

効率良くトレードを行うことができ、

利益を獲得することが可能となっています。

 

ポールジモン(Paul Zimon)のFlash Zone FX

 

更にFlash Zone FX(フラッシュゾーンFX)では

 

“勝率+【リスク:リワード】のバランス”

 

にも重点を置いており、

 

“平均勝率60%・リスク:リワード=1:2~10”

“平均月利12%”

 

を狙っていくことができると明言されています。

 

 

それ証明するために、販売ページには直近のデータがキャプチャされており、

7月14日から10月17日までに行ったトレードの様子が詳しく掲載されています。

 

ポールジモン(Paul Zimon)のFlash Zone FX

ポールジモン(Paul Zimon)のFlash Zone FX

 

このチャートに注目すると、損失を被っているトレードこそあるものの

その損失を利益で確実にカバーできており、

勝率とリスク:リワードのバランスも非常に良いことがわかりますね。

 

このように公開されているすべての実績データを統合して考えると

ポール・ジモン(Paul Zimon)が現在でも勝ち続けていることがよく分かります。

 

 

正直な話、明確なフォワード実績やトレードの様子を

ここまで公開する販売者は非常に珍しいため、

Flash Zone FX(フラッシュゾーンFX)に対する信ぴょう性が

これまで以上に高まっていることは言うまでもありません。

 

 

業界内で本物の手法との呼び声の高いFlash Zone FX(フラッシュゾーンFX)

 

Flash Zone FX(フラッシュゾーンFX)は昨年の夏に

わずか1ヶ月という超短期間での募集を行ったことは

ご存知という方も多いかと思いますが、

 

Flash Zone FX(フラッシュゾーンFX)の販売が終了してからも

様々な商材が立て続けにリリースされてきた中、

恐らくFlash Zone FX(フラッシュゾーンFX)以上に

結果を残せた商材は存在しないでしょう。

 

 

それは先程挙げた通り、現時点で1,700人もの方が参加し

2名しか返金者が出ていないということからも伺えます。

 

参加者によってトレード環境は大きく異なるため

どれだけ優れた手法であっても、

それなりに勝てる人勝てない人の差が生まれるものです。

 

しかし、Flash Zone FX(フラッシュゾーンFX)では

何故これほどまでに返金対象者が少ないのか?

 

その大きな理由はポール・ジモン(Paul Zimon)によって体系化された

逆張り手法にあるのではないかと思っています。

 

 

現在では順張りが主流となっており

その手法を用いる方が非常に多いです。

 

実際、販売されているFX商材のほとんどが

トレンドが継続する間に利益を積み上げられる順張りを

メインに採用していることは皆様もご存知かと思います。

 

 

しかし順張り手法には「レンジ相場に弱い」という最大の弱点があり、

このレンジ相場をいかに切り抜けられるか、

またはレンジ相場を抜けた直後に発生しがちな

“ダマシ”をどう回避するかが最も重要です。

 

もしレンジ相場やダマシに対応するロジックが

確立されていない手法であれば、

仮にトレンドに乗っかって利益を積み上げたところで

一度の負けトレードで大きな損失を被ってしまいます。

 

いわゆる「コツコツドカン」です。

 

大多数のトレーダーが勝ち続けられない一番の理由がこれにあります。

 

一方Flash Zone FX(フラッシュゾーンFX)では

逆張り手法がメインで採用されています。

 

ポール・ジモン(Paul Zimon)によれば

 

『相場が最も下がった時に買い、最も相場が上がった時に売る』

 

だけで効率良く相場で勝つことができると明言されています。

 

 

逆張りは順張りとは異なり下降から上昇へ転換するポイントのみを狙って

エントリーを仕掛けるため、一定のリスクを保ちつつ

利益を獲得していくことを前提に構築された手法となっています。

 

転換ポイントをのみ狙うため、相場がどこまで落ち込むか

転換してもすぐ落ち込むのではないか、といった不安を抱える必要もなく

根拠を持ってポジションを保有できるのが逆張りの利点であり、

多くのトレーダーが陥りがちなコツコツドカンをほぼ解消できるともいえます。

 

 

更にFlash Zone FX(フラッシュゾーンFX)は

シグナル配信ツールのようなシステムトレード手法ではなく

裁量手法となっているため、トレードを重ねるたびに

自身のトレードスキルの向上にも繋がりますし

長期的に相場で生き残っていく力を身に付けることができます。

 

 

しかし、ここで

 

『それじゃ、順張りよりも逆張りの方が優れているのか?』

 

と感じる方が多いのかも知れません。

 

もちろん、全ての順張り手法がダメだというわけではありませんが

海外のプロトレーダー達の多くが逆張り手法を

実践している傾向が強いというのは事実です。

 

また、販売ページで公開されている

ポール・ジモン(Paul Zimon)の実績が本物であれば

彼の言葉も信ぴょう性が高まりますし、

Flash Zone FX(フラッシュゾーンFX)を実践するだけの価値は

十分にあると思います。

 

 

それこそ業界内でささやかれている

 

“Flash Zone FX(フラッシュゾーンFX)こそ本物の手法だとのウワサ”

 

も大袈裟ではないと考えるのが妥当ですね。

 

 

現にFlash Zone FX(フラッシュゾーンFX)を購入し

実践している多くの方が結果を出していることを考えると

 

“FXで一生勝ち続けられるスキル”

 

を会得する大きなチャンスと言えますね。

 

 

もし今現在、FXで納得いく結果を残せていない方は

再販売の機会にいち早く購入し実践することを強くお勧めします。

 

 

当検証ブログでは

「Flash Zone FX(フラッシュゾーンFX)」に関する

お問合せも受け付けています。

 

どのような些細な質問でも構いませんので、お気軽にお問合せ下さい。

⇒ 【お問合せはこちら

 

 

本日の検証は以上となります。

最後までお付き合い頂き誠にありがとうございました。

 

 


Flash Zone FX(フラッシュゾーンFX)

■公式ページ

Flash Zone FX(フラッシュゾーンFX)

■販売者

株式会社ISK capital、佐塚浩政、ポール・ジモン(Paul Zimon)